4年ぶりの開催!美しい ブルーインパルス

2023/06/02 スタッフブログ
ブルーインパルス 米子市 美保基地

2023年5月28日(日)4年ぶりに開催されました「令和5年度 航空自衛隊 美保基地航空祭」に行ってきました。

コロナ禍でずっと開催されていなかった航空祭!

飛行機好きの方も、熱狂的なブルーインパルス好きの方も、待ちに待ったこの日は、清々しい晴天とはいきませんでしたが、全ての展示が滞りなく行われました。

航空祭 米子市 美保基地 ブルーインパルス

飛び立つ前のブルーインパルス。

★パイロット(通称ドルフィンライダー)

★整備員(通称ドルフィンキーパー)3名のチームで構成されています。

ブルーインパルスは航空自衛隊の広報部隊のため、他の部隊とは違い、一般観客を前にして展示飛行を成功させることをミッションとしています。

言わば、航空自衛隊と一般の人たちの橋渡しをしています。

航空祭本番では、展示飛行が無事終了した時に観客から盛大な拍手や声援などが贈られます。

ドルフィンライダー達が大空を自由に飛びまわるアクロのプロフェッショナルであるように、ドルフィンキーパーはプロのエンジニア集団です。

ダイヤモンド飛行 ブルーインパルス

4機の息が合った飛行の模様です。

曇り空でしたが、音とエンジンの匂いが体中にまとわりつく感じが、

現場で見る醍醐味です。美保基地でのブルーインパルスの飛行は6年ぶり。

米子鬼太郎空港とほど近い 美保基地ならではで、ANA(全日空)などの

旅客機も同じ滑走路を利用し管制塔は防衛省管轄で、自衛官の航空管制官が、

取り仕切っています。

C2 輸送機

C-2輸送機(ブルーホエール)

各種事態や災害派遣、国際平和協力活動等における空輸任務等、様々な任務に対応可能な輸送機です。会場には、自衛隊などの16種類の航空機が展示されていて、4月に、アフリカのスーダンからジブチに日本人を退避させた機体と同じ型の「C2輸送機」の巨大な貨物室も見学できました。航空祭のオープニングフライトでは、優雅に飛ぶC2輸送機は素晴らしかったです。午前・午後と2回、C-2輸送機による、編隊飛行・物資投下・空挺降下も圧巻でした。

 

 

 

C2 編隊飛行

最後までブログをご覧いただき、ありがとうございます😊

そんなあなたに 特別プレゼント💖

電話、HPからお問合わせいただいた方には
お見積りから…なんと【5%オフ】にてご対応させていただきます🎉


ライズホームは、お客様と親身に話せる営業と経験豊富な職人が多数在籍しております。女性の営業もいるのでご安心ください!


✨✨ 現場調査・お見積り無料 ✨✨


川崎市・町田市・横浜市・稲城市・狛江市・調布市・府中市 周辺で

屋根修理 屋根葺き替え カバー工事 屋根・外壁塗装 防水塗装 雨漏りなど、住まいのお悩みや疑問はライズホームにお任せくださいませ😊


対象エリア外でも、お気軽にお問い合わせください。

☎ 044-299-8944

✉ risehome.asao@gmail.com