防水塗装について

防水塗装とは、建物の表面に特定の塗料やコーティングをおこない、水の侵入を防ぐことを目的とした施工手法の事です。雨水や湿気からベランダを保護して建物の損傷や劣化を防ぎます。

ベランダの床部分やマンションの屋上のように屋根のない陸屋根等で必要な塗装です。

 

正確には、屋根がある時はベランダ、屋根なしをバルコニーと呼びます。

紫外線の影響や、布団・洗濯物を干すために人の出入りにより塗膜が劣化しやすく、耐久年数は10年前後になります。こまめにトップコートで保護することで、一番大事な防水層を保護することができます。

ピクスタ ウレタン防水

見逃さないで! この症状がでたら防水塗装のサイン

2024y01m19d_135905333

ヒビ割れや亀裂

糸のような小さな亀裂やヒビは、表面のトップコートの劣化です。

それよりも大きい亀裂やはがれで下地が見えてるような時は屋内への雨漏りに繋がるため即対処が必要になります。

 

汚れや摩耗・色あせ

雨水や砂が流れずにたまりやすくなった。

色あせ・紫外線・人の出入りで摩耗が起きて色味が以前と違ってきた。

これらは全て、表面の撥水性が弱まっている症状です。トップコートが必要な状態になります。

FRP防水の場合は、摩耗が起こると蜘蛛の巣のようなガラス繊維が見えてくるので分かりやすいです。

 

膨れや防水層の剥がれ

膨れは施工時の状態や天候などで、水を守っている層に水分や湿気が侵入し、それが蒸発して膨れとなって現れたものです。

膨れがはがれてしまったり、衝撃で取れる事もあります。

 

上記のような症状がでたら、防水塗装を見直すサインになります。

今雨漏りが起きていなくても今後、雨漏り・カビの発生・建物の腐食による耐震性の劣化に繋がります。こうなると修繕に高額な費用が必要になってしまいます。

こまめにメンテナンスを行うことで結果的に費用を抑え、家を守る事ができます。

防水塗装の種類

防水塗装は一般的に3種類があります。

①ウレタン防水

②FRP防水

③シート防水

今のベランダがウレタン防水であれば、次も同じウレタンでの施工になります。防水塗装は下記のようにそれぞれ特徴があります。

2024y01m23d_112055400

ウレタン防水の特徴と施工手順

ウレタン防水は、液状のウレタン樹脂で弾力のある継ぎ目のない防水層を作る防水工法になります。

一般の戸建て住宅では一番多い施工方法になります。

ウレタン防水の施工手順

  • 施工前。足元のカバーをめくる撥水機能が取れて水はけが悪く、汚れている状態でした。

  • 掃除とケレン後、プライマーを下塗りします。ウレタン塗料の密着が格段によくなります。

  • ウレタンの中塗り1回目

  • ウレタンの中塗り2回目。厚みをだします。

  • 最後にトップコートを塗り、防水層のウレタン塗料を保護します。

  • 完成です! 雨が降っても、水が玉のようになり弾くほど艶々になりました。

FRP防水の特徴と施工手順

FRP(Fiber Reinforced Polymer)は、繊維強化プラスチックを指します。FRPは軽量で強靱であり、さまざまな建築および建設用途に使用されます。FRPは防水目的で使用されることもあり、特に屋根やデッキ、プールの防水層として採用されることがあります。