今夜の星は見えるでしょうか? 麻生区 リフォーム会社のスタッフブログ

2021/07/07 スタッフブログ

こんにちは。

今日は7/7 七夕ですね☆

 

七夕といえば、短冊に願い事を込めて、笹竹に飾る…という事しか知りませんでした。

子供から「七夕ってなあに?」と聞かれて答えられず💦

 

親の威厳のためにも

せっかくなので調べてみました!

 

 

よくある七夕の言い伝え

はた織りが上手な神様の娘『おり姫』と働き者の牛飼いである『ひこ星』は、神様の引き合わせで結婚し仲良く過ごしていましたが、楽しさのあまり仕事をせずに遊んでばかり。

激怒した神様は天の川の両端に引き離してしまいましたが、悲しさのあまり元気をなくした2人を見かね、7月7日を年に1度だけ会える日として許しました

 

 

なぜ短冊を飾るの?

七夕という行事の由来は諸説あり、簡単に言うと、これらが合わさってできたのが日本の七夕とされています。

・棚機(たなばた)…七夕が伝わる以前から日本にあった行事

・織姫と彦星の七夕伝説…中国で誕生したお話

・乞巧奠(きっこうでん)…中国で行われていた、裁縫の上達(巧)を願う(乞)行事

 

 

今でこそ、自由に願い事を書いていますが、もとは手芸の上達を願うものだったようです。

意外ですねsurprise
短冊の五色は中国から伝わった陰陽五行説に由来しているそうで、願い事の内容によって色を決めればより叶いやすくかもしれません。
に飾るのは丈夫で不思議な力を持つとされ、それぞれにちゃんと意味があるんですね。


 

まとめると…

七夕イベントは諸説あり、予想以上に奥深くて説明が難しくなりました(笑)

 

みなさんはどう過ごされますか?laugh

今日は「織姫と彦星」の絵本を読み、そうめんを食べて、雨が降らなければ子供と空を見上げてみたいと思います✨✨