川崎市 麻生区 M様邸 屋根カバー工法【ヒランビー】

2022/09/05 屋根施工実績
場所

川崎市麻生区

 

施工内容

屋根カバー工法 スレート屋根【パミール】→ ガルバリウム鋼板【ヒランビー】

築年数

約16年

麻生区にお住いの施主様より、屋根から薄い膜のようなものが落ちてくるとのお問い合わせをいただきました。

現地調査をさせていただきましたところ、ご自宅屋根に1996年~2008年頃に製造販売された【パミール】と呼ばれるスレート屋根が使用されておりました。パミールは想定予定の耐久力を得られず、脆弱性が指摘されている屋根材です。塗装によるメンテナンスが不可能なため、施主様とご相談させていただき、ガルバリウム鋼板屋根の【ヒランビー】により、屋根カバー工法をご提案、施工させていただきました。

↑ 施行前の屋根材【パミールです】

 

 

↑ 屋根材がミルフィーユ状に剥がれてしまっています。剥がれた屋根材が、ご自宅敷地内に落ちていたと思われます。

 

 

↑ 既存の棟板金と呼ばれる部位を撤去

 

 

↑ 既存のスレート屋根【パミール】の上から、新たに防水シートを屋根全体に施工します

↑ ガルバリウム鋼板【ヒランビー】を施工