雨漏りを放置したらどうなるの? 早めの対策が大事です!

2021/05/21 ブログ
雨漏り 放置 被害

雨漏りの原因は、屋根・棟板金破損・外壁のヒビ、コーキングの劣化、台風などの吹き込みなどでサッシからの雨漏りなど…。

気付かない間に進行している事が多いです。

 

雨漏りを放置すると、家が壊れたり、無駄な費用が発生して、結果、雨漏りを修理する以上のお金がかかってしまいます。

 

 

 家の劣化 

雨漏りを放置することで木造部分が腐食し、劣化が進み家が傷んでしまう事で地震・台風で家が倒壊する危険性があります。

また資産価値の低下にもつながります。

 

 漏電による感電・火災 

雨漏り修理にうかがったお宅で、ときどき「雨漏りすると、ブレーカーが落ちて怖い。しっかり直してほしい。」とお聞きすることがあります。

 

電気配線や電気器具類には、電気が漏れないように「絶縁」という処理がされています。

しかし、雨漏りによって水が天井上や壁面内に拡がって、電気配線やコードの絶縁体の隙間に入り込むと漏電が起こることがあります。

電気が漏れることで必要以上に電力を消費するため、電気代が高くなるケースもあります。

 

絶縁状態が悪い家電や湿気、水気の多い場所で使用する電化製品に触れると感電の恐れがあります。

電流の大きさによっては、死に至ることもあり大変危険です。

また、火災を引き起こす危険性もあります。

 

 

 害虫の発生 

雨漏りを放置すると、さまざまな害虫に狙われてしまうことがあります。

特にシロアリは腐った木材や湿った空気が大好物です。気付かない間に、シロアリが大量発生していて家の柱や断熱材、電線などがかじられてしまう被害が起こります。

 

 


 

これから梅雨や台風の時期になり、住まいにとっては過酷なシーズンになります。

異常気象の影響で毎年大型台風が接近し、住まいの被害が増えております😥

 

雨が続くと工期が長くなったり、長雨の影響で雨漏りの発生が多くなります。

被害を受けてからでは、業者さんも忙しく対応に時間がかかってしまうことも珍しくありません。

不安がある方は早めの対策をオススメします🙋‍♀️

 

 

✨✨ お見積り無料 ✨✨

 

地域密着として麻生区と多摩区を中心に施工しておりますが、エリア外でもお伺い致します。

 

川崎市・町田市・横浜市・稲城市・狛江市・調布市・府中市周辺で

屋根修理 屋根交換 カバー工事 屋根塗装 雨漏り 外壁塗装 防水工事 内装リフォーム おうちの不安・疑問など

少しでも気になっている方は
ぜひ ライズホームへお気軽にお問合せくださいませ😊

 

HPからお問合せいただいた方には
【Web限定特別価格】

にてご対応させていただきます🎉